極彩色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アマゾン先生便利

ちょっと前までネットショッピング怖かったけど、使ってみるといいよね。
だって、実際に足を運ばなくても、自宅に居ながらにして、手に入るものね。
お店を梯子して梯子して、なかった…ってことにならないものね。

廻をしめたシェイクスピア購入しちゃったエヘ。
なんか、急に欲しくなっちゃって。
その足でブクオフに寄ってみたけど、まあ無いよね、1件しか見てないけど、無いよね。それなりに古いし絶版してるから、普通にも無いよね。
図書館にあるのは知ってるけど、2週間で返せる気がしないし、買っても読まないかもしれないけど(オイ)、欲しくて。
そんなときにはアマゾン先生に相談だ。
1発で出てくるよ。
いやぁ、便利ですなぁ。

廻をしめたシェイクスピアは、かの有名なシェイクスピアの代表作から3作を、野田秀樹独自のアレンジを加えた戯曲集です。
わたしは、真夏の夜の夢しか読んでないけど、言葉遊びとか、言葉回しとか、その話と会話のテンポが心地よくて、抜群に面白い。これは本当に面白い。
言葉の遊び方は西尾氏と似ているけど、戯曲っていうのもあるかもしれないけど、嫌味じゃないししつこくないし、すごく、巧い!って思う。
野田好き。
あんな文章が書けたら素敵。

野田氏の真夏の夜の夢でね、メフィストが、恋人たちを別れさせようと、言葉に魔法をかけるんだけど、愛の言葉のささやきを食欲の言葉に変えてしまおうって。そうすれば100年の恋もさめちまうって。
たとえば、あなたが好きと言わせずに、あなたを腹いっぱい食らいたいってね。
でもわたし、それはそれで十分おいしいと思うんだよー。
デミとライの掛け合いが楽しいです。何度読んでも、何度聞いても飽きません。たのしいです。
ちなみに野田版デミとライは、デミグラスソースとライスです。
ヒロインはそぼろとときたまごだから。
野田ワールド全開の巫山戯た話なのさ。
とってもおもしろい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。