極彩色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

残り8冊

なんか、どこを探しても、きゃるんとした新八の銀新しかでてこなくて、残念です。
こうなったら、なんかもう、すべてをあきらめて(ない)開き直った銀さんがしんぱちになら突っ込まれてもいい、もうどうにでもしてって迫る新銀でもいいかなって思い始めた。
必死な銀さんきもちわるい(褒め言葉)

ここからは私の妄想と願望だけれども、新八は、どうがんばってもお妙スマイルはできないと思うんだなぁ。
ズルいところはあるけれど、腹黒さはなさそう。
そのズルいところは自覚してて、後ろめたく思って悩むタイプ。
気にするほどのことでもないのに。
あと、新八は華奢じゃない。
166センチっていうのがどのくらいの大きさかっていうとよくわからないけど、神楽ちゃん155センチ銀さん177センチっていうところからして、その設定身長は大して意味はないのではないかと踏んでいる。
ところで新八はいつまで16歳なんだろうか。
銀さんが新八を片腕で攫えるのは、新八が軽いからではなくて、銀さんが力持ちだから。
だけど、新八の周りの人たちは、普通じゃないので、みんな新八を片腕で攫える(どうでもいい)
新八に色香はない。あったら困るぜ。
でもあれ、あの、吉原編の新八は、あれ反則だ、ソラチは新八をどうしたかったんだろう。
あのスリットは必要でしたか、ソラチ先生!
新八は健全な石鹸の香りがするよ。そんな新八に銀さんはたまにムラっとするかもしれない。
新八はエクセルみたいなのは弱いけど、そろばんとかを使ったアナログの帳簿つけはプロ並みだったら燃える。
新八の沸点は低い。意外に。
たぶん、新八の場合は、溜め込んで溜め込んで溜め込んで、プスンってタイプじゃないと思う。
新八は銀さんの腹筋が好き。
銀さんは足袋は脱がさない派だと思う(何の話だ)
銀さんは足首からふくらはぎが好き。
銀さんは、新八が、快楽に抗って必死に耐えてる顔に興奮する。
銀さんは新八にゴミでも見るようなさげすまれた顔で見下されるとドキドキする。
新八は美人じゃない。かわいい系でもない。
でも不細工じゃない。
パーツは悪くない。
悪くないパーツの集まりゆえ、とくに目立たない。
よく見たら悪くない。
新八のごはんはおふくろの味。
新八はおばあちゃんの知恵袋を持っている。
新八は銀時の広い背中に父性を感じる。なんせファザコンなもんで。
新八は銀さんはマダオでなんだか放っておけないと思ってる、けどたぶん新八がいなくても銀さんはやっていけることもわかってる。
でも、なんだかんだあっても最終的に戻ってくるのは自分のところであってほしいと思ってる。
つまりは新八は銀さんが好き。
まぁ、銀さんは一度懐に入れたものは手放したくないので、新八はいなくてもーっていうのは杞憂なのだけど。

っていう自分メモ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。