極彩色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぱられるぱられる

二次パラレルのむずかしいところ
・共有情報が少ない(ちゃんと説明しないと伝わらない)
・下手すると、名前だけ借りた完全オリジナル
・設定倒れ
・設定があいまいすぎる
・わたし長編書けない
・先が見えない


神尾と観葉植物の話(ベカミ)
舞台はなんかヨーロッパっぽいところ。
神尾はアパートメントにひとり暮らしお隣に深司もいるよ。
大学生みたいな。
千石さんとは小さいころからの知り合い近所のお兄ちゃん的存在よき相談役。
千石さんは南ん家(大きい)に入り浸ってる住んでる南は植物学者的ななにか。
南は料理だってそれなりにできるし、ひとりでやっていけるけど、なにぶんいろいろ無頓着なので、見かねた千石さんがいろいろ手を焼いていたりするけど、たんに南のそばが心地いいだけかもしれない。
南は癒し。
来る者拒まず去る者追わず
って、べかみ出てこない

路地を入り込んだところでふと見つけた骨董品屋で手に入れたポトスっぽい植物(いわくつき)に魅入られる神尾の話。
あとべ出てこない。
あとべ出てこない(大事なことなので2(ry)



お祭りだったんです。
でもそのお祭りは、わたしは自宅で見るもんなんです。
だから、始まる前にちょっと向こうまで見てこようとおねえちゃんつれて完全に家着でふらふら道歩いてたら前方から見知った人が歩いてきて、ちょうびっくりした。
だって、お祭り行かないって言ってたから、しかも、ええー、すごいびっくりしました。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。